pinkmania0306

ももふみブログ

上と真ん中は1歳7ヶ月差、真ん中と下は1歳9ヶ月差の、年子3人の育児中です。主に雑記ですが、育児日記を中心に思っていることイラストなど、好きなように描いたり、綴っていきます☆

下の子を妊娠してから、上の子が嘔吐するようになった

ある日突然、上の子が吐いた

我が家には、女女男で3人の子供がいます。

 

今回は、次女を妊娠したときの長女の様子を書いていきます。

ここからは、長女は上の子とし、次女は下の子と表現していきます。


f:id:pinkmania0306:20170729071359j:image

上の子は4月生まれなのですが、1歳のお誕生日を迎えた頃に下の子の妊娠が判明しました。予定日は11月。年子での出産です。

それは・・1歳4ヶ月になる8月のこと

私は、子供を親に預けて美容院に行っていました。そこへ、1本の電話がかかったのです。

「◯◯ちゃんが、吐いた!」

 妹からでした。

「いつ、帰ってこれる?」

もう、終わり際だったので、そのまますぐにタクシーで帰りました。

 

いざ、帰ると等の本人はけろっとしていました(笑)

 

どうやら、2~3回吐いたらしい。

もないし、どうしたものか・・何か食べたっけ?これから熱とか上がるかな・・?

 

その頃、上の子は小食で、離乳食をあんまり食べてくれなかった事もあり便秘ぎみでした。そのため、時々、綿棒浣腸や幼児向けに薬局で売られてるイチジク浣腸をして、便を出していました。

お腹に、うんちがたまると気持ち悪くなり吐くこともあるので、そこまで気にしていませんでした。活気もあり、元気でしたので。

 

そして、自宅に帰宅。その後も熱は出ず、また、再度嘔吐をすることなく経過しました。

しかし、その日を境に、月に1回・・多いときで3回は嘔吐するようになったのです。

 

ついに11月、臨月となりました。

上の子は、日中は義実家に任せて、面倒を見てくれました。

 

下の子を出産して、退院し家に帰ってきた日にも、嘔吐。

吐くときは決まって、5~6回は胃液が出るまで吐きます。

季節は11月。もしかしたらノロウイルスの可能性もあるなぁ、と思っていました。

 

それからも、季節関係なく、定期的に吐く上の子。 

「定期的 嘔吐」、で検索すると、出てくるのは自家中毒という言葉。

自家中毒とは・・

自家中毒症は、「周期性嘔吐症」や「ケトン血性嘔吐症」とも呼ばれ、2~10歳くらいの繊細な子供に多く発症すると考えられています。原因は様々ありますが、風邪などを引いて熱が出たときや、遠足や発表会など興奮したり緊張するような行事の前後など、ストレスがかかった際に急に顔色が悪くなって、吐き気、腹痛や頭痛などを訴え、その後何回も嘔吐を繰り返します。「周期性嘔吐症」という呼び名は、同じような症状を何度も繰り返すことに由来しています。

引用:子供が嘔吐を繰り返すのは自家中毒症のせいかも?原因や症状を解説 | いしゃまち

 

もしかしたら、自家中毒なのかもしれない・・

 

定期的に嘔吐します、吐くときは5~6回胃液が出るまで吐きます、と、掛かり付けの小児科の先生に相談しました。

すると、吐いてる状態でないと、正しい判断はできない、との返事。

吐いてる状態?!車で移動するので、私一人じゃ無理・・。でも吐いてるときに受診って無理ですよね(^^;)

 

先生からは、熱もないなら様子見で良い、大丈夫ですよ、と。

心配で、一応他の病院でも診察してもらいましたが、同じようなことを言われました。

結局、原因不明のまま1年が経ちました

吐く前は、何かしらのサインが出る

吐く前は、共通点があります。何の前触れもなく、急に泣き出します。

まだ1歳なので、何があったのか応えられません。

あれ?どうしたのかな、と思った途端、嘔吐・・ 

 

だんだん嘔吐のパターンが分かってくるので、何もないのに泣くことがあれば、すぐ洗面器を持ってきて、そこに嘔吐・・2歳にして、すでに上手に吐くようになってました(^^;)

上の子が、なんでこんなに頻繁に吐くようになったのか・・

実は、私には思い当たる節があります。

 

それは・・

 

下の子の妊娠と出産

タイトルの通りですね。

子供は、何かを感じるのか、下の子を妊娠した途端に、急に甘えん坊になったり、情緒不安定になる子供がいると聞きます。

 

それに加え、下の子が生まれると、今まで、全ての愛情か自分に向いていたのに、母親を取られてしまったような感覚になるのでしょう・・。

 

また、我が家の上の子(長女)は、人一倍感受性が強くて、すごく敏感な子供です。

下の子が産まれてから、数ヶ月は赤ちゃん返りらしい赤ちゃん返りはありませんでした。小さいながら、色々なことを我慢していたのでしょう・・

 

3歳になってからは、吐く回数は随分と、減りました。あー、そう言えば、最近吐かないなぁ、と思う頃・・忘れた頃に吐きます。 

そういう時は、決まってお腹が痛い、というのですほぼ100%の確率で吐きます。

私が、吐きそう?と聞くと、おえーって、えづくような、精神的にそうしているような感じでした。それで吐く・・という感じです。

一度、4歳になる少し前の、2月に嘔吐した時がありましたが、それは突然でした。下痢もしたので、結果的にそれはノロウイルスでした(^^;

 

なので、上の子がお腹痛いという時は、吐く?と聞かないようにしました。

寝る前に訴えることが、ほとんどだったので、一応枕元に洗面器置いてました。

全く吐かなくなったのは、4歳になってから・・

あれは、何だったのだろうと今では不思議なくらい吐いてません。

 

時々、お腹が痛いと言う事があるので、反射的に吐くのでないか、と思うことがあります・・(^^;)

 

4歳のお誕生日を境に、おむつが外れたので、お腹が痛いという時は自らトイレに行ってスッキリしてくるようになりました。お腹痛い時に下がでないと、上が出そうになりますよね

まとめ

ダラダラ書いてしまって、結局何が言いたいのか分からない文章になってしまいましたが・・

上の子が吐くようになったのは、下の子の妊娠・出産がきっかけだったと思うのです。

 

赤ちゃん返りというと、少し違うかもしれませんが・・その一種なのかもしれません。

何の病気もないのに、足が痛いとか、もろもろの体調不良を訴えてくる子がいるように。

 

そして、赤ちゃん返りがあるのは、お兄ちゃんやお姉ちゃんになる第1子に多いのではないかということ。

第2子以降だと、生まれたときには、既に上がいるので、赤ちゃん返りになりにくいと思うのです。

 

あと、感受性の強い子供だからこそ、人一倍、強い愛情を欲しているということも有り得ると思います。

人一倍敏感な子は、それだけ、周囲に対して不安を抱きやすいです。だから安心感を得るために、また、人一倍、甘えを必要とするのです。甘えの必要な量は、子どもによって違います。

引用:子育てハッピーアドバイス大好き!が伝わるほめ方・叱り方(2) [ 明橋大二 ]

 

子供によっては様々なんですよね。

 

5歳になった現在。

親の私が言うのもあれですが、長女は優しくて、賢い子だと思います・・(^_^;)

 

3歳にして、2人のお姉ちゃんになったので、我慢している部分は沢山あるかと思います。時々、ものすごく甘えん坊になる時があります。

そういう時は、本人がもういい、と言うまでイチャイチャします(笑)だいたい、3分もかかりません・・寂しい(´;ω;`)

 

また、これから成長するにつれて様々な壁にぶつかると思いますが、子供と一緒に私自身も母親として成長できるように頑張っていきたい・・

 

吐くのは、見てるこっちも辛いので、本当に良かった、と思ってます。

 

余談

掛かり付けの先生に、成長して、物事が良くわかるようになったというのもある、と言われました。