pinkmania0306

ももふみブログ

上と真ん中は1歳7ヶ月差、真ん中と下は1歳9ヶ月差の、年子3人の育児中です。主に雑記ですが、育児日記を中心に思っていることイラストなど、好きなように描いたり、綴っていきます☆

引っ越しが原因?1歳の子供に吃音が始まった

スポンサーリンク

もうすぐ2歳になる、現在1歳11ヶ月の息子が、急にどもるようになりました。

f:id:pinkmania0306:20170913105558j:image

上のお姉ちゃんたちの真似をして、自分のことを、ちゃん付けで呼ぶ末っ子長男ですが、ある時「○○○、○○ちゃんねぇー」と、最初の音を続けて言うようになりました。

 

うまく言えないのが辛いのか、

「ぼぼぼぼぼくねぇー」と、ぼくと言い換えるときもあります。

 

1歳半を過ぎて、言葉数も増え、おしゃべりになってきた末っ子長男に突然はじまった出来事でした。

 

私の住んでる市には、月に一度、身長と体重測定などを含めた、乳児幼児相談という、保健師さんへ無料の育児相談会があります。

 

久しぶりに、行って来ました。

身長と体重などを計った後に、保健師さんへ相談する(何もなければ、すぐ終了)場があるのですが、末っ子長男のどもりが気になり相談してみました。

 

私「言葉も凄く増えてきたのですが、最近どもるようになりました」

 

保健師さん「え・・?(驚いた様子)

最近、お家で何か、変わったことはありませんか?」

 

あ・・もしかして引っ越しが原因?

 

私「引っ越しをしました。」

 

保健師さん「いつ頃ですか?」

 

私「8月入ってすぐです」

 

保健師さん「それが原因の可能性はありますね」

 

 

小さい子にとっては、環境の変化もストレスになるのだとか。

 

一生懸命、話してるのにうまく舌がまわらない。もどかしいよね。

 

その様子を見ている、お姉ちゃんたちは・・

笑ったりせず真剣に話を聞こうとしてあげてる年中さん(5歳)の長女と、笑ってどもりを真似する年少さん(3歳)の次女。

 

お調子者で天真爛漫な次女。絶対、茶化すと思ったわ(^_^;)

 

どもりを真似たり、笑ったりするのは絶対にやっていけないことだよ。

一生懸命喋ってるから、話を聞いてあげようね、と。

 

次女には、そう教えました。

 どもりのことを、専門用語で吃音症と言います。

私は、実は・・幼少時代は吃音がひどくて辛い思いをしてきました。だからこそ、思うように話せない末っ子長男の気持ちが痛いほど分かります。

私は、5歳の時に始まりました。

 

喋り始めの子供に、どもることは、まれにあることだ、と何かの本で読んだことがあります。

 

近くに住んでる義両親は、気にしなくても、大丈夫だよ、と言ってくれてるのが救いだし、ありがたい(T-T)

 

回りが、色々言うと、本人も気にして悪化する可能性もあるので。

1歳だからといって、ばかにできませんよ。言ってる意味は理解できてなくても、雰囲気で理解できてると思うのです。

 

今の私にできることは、今まで通り接してあげること。

取り敢えず、このまま様子をみていこうと思います。

 

追記

先日、2歳になりました!吃音はほとんど見られなくなりました。一時的なものだったようです。とりあえず、一安心・・