pinkmania0306

ももふみブログ

上と真ん中は1歳7ヶ月差、真ん中と下は1歳9ヶ月差の、年子3人の育児中です。主に雑記ですが、育児日記を中心に思っていることイラストなど、好きなように描いたり、綴っていきます☆

子供をネットという宇宙から守るために必要だと思うこと

スポンサーリンク

まるで宇宙!はてしなく広がる世界

 

私は今30代前半ですが、小中学生のときはネットは普及していませんでした。

 

ポケベルなどはありましたが、子供だった私には関係のないことでした。

 

現在は、ネットで物が買えたり、知らない人と交流できる時代です。

外出しなくても良いので、子育て中の私は良く通販を利用しています。

 

ネットは魅力的な反面、怖い誘惑も


f:id:pinkmania0306:20170108102717j:image

 

matsuriママさんの記事を読ませて頂きました

www.matsuri-mama.com

 

 

私は高校2年生のときに,初めて携帯電話を与えてくれました。

 

私の知らない世界が沢山あり、知らない人と簡単に友達になれる、すごくワクワクしていたのを覚えています。

 

そして、高校を卒業して看護専門学校に行きました。

 

そこで、ついに出会い系に手を出したのです。

 

 中には、やたら写メを交換したがる人や下ネタをいう人もいました。

 

他にも、相手の顔が知りたくて交換したこともあります。

相手が送ったのだから、送らないと悪いという思いからです。

 

実際に、何人かと会ったこともあります。

 

 

一緒にドライブしましたが、やたら私の体をさわってくる人もいました。

本当に、世間知らずな私でした。

 

当時のニュースは、出会い系で実際に会った女の子が被害にあうという事件も報道されていました。

 

それでも、魅力的なネットの世界に引き込まれていたのです。

 

体を触ってきた人は、帰りたくても帰りづらい状況でした。

それでも我慢していると、私の携帯が鳴ったのです。

祖母からでした。

 

0時になると、早く帰れ!というお叱りの電話。

 

すごく過干渉で厳しい祖母で、嫌だったのですが、その時は本当に助けられました。

 

世の中、実際にネットで知り合い結婚して幸せに暮らしている人もいるので、一概にネットは批判したくはありません。

 

ようは、使い方を間違わなければ良いのだと思います。

 

子供へネットをさせるためにどう向き合わせるか

子供とネットについての記事を見つけました。

 

売春や覚醒剤に手をそめるなど、深刻な犯罪に巻き込まれることもしばしばあるのです。

また、会員登録と称して個人情報を登録させたり、見知らぬ相手と掲示板を通じてやりとりをするゲームサイト、占いサイトなども要注意です。

子供が集まる人気サイトに狙いをつけて、甘い言葉で誘惑をしかけてくる悪人が世の中にはゴマンといます。

彼らにとって「だましやすい子ども」は格好のターゲットなのです。

 

小学生の2~3割、中学生の約5~6割が自分の携帯電話を持っているといわれます。

欲しがるからと安易に買い与えず、「何のために必要か」「本当に必要なのか」を、お子さんとよく話し合って決めましょう。

引用:女の子の育て方  諸冨 祥彦 著書

 

 

我が家には二人の女の子がいます。

携帯をいつから持たせるか、悩むところです。

 

ラインなどの普及により既読無視という言葉も出てきました。

 

早く返事をしなければ、仲間はずれにされるということから、ラインがイジメの道具になるというのです。

 

四六時中、携帯が手放せなくて、子供を追い詰める原因にもなっているのです。

 

我が子をネットから守るために、フィルタリングや約束事を決めて、上手にネットと付き合っていきたいですね。


f:id:pinkmania0306:20170108102739j:image