pinkmania0306

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももふみブログ

上と真ん中は1歳7ヶ月差、真ん中と下は1歳9ヶ月差の、年子3人の育児中です。主に雑記ですが、育児日記を中心に思っていることイラストなど、好きなように描いたり、綴っていきます☆

「ありがとう」は夫婦円満への魔法の言葉

ありがとうを言われて嫌な気持ちになる人はいません。

 

夫婦円満の秘訣は、「ありがとう」「ごめんね」だと思います。

私は夫と付き合っているときから、毎日1回はありがとうを言っていると思います。

 

・食べたら食器をキッチンまで持っていってくれた

・食器を洗ってくれた

・お茶を入れてくれた

などなど。

 

私の夫は、良く気が付いて気配り上手だから、言えるのかもしれません。

 

でも、ありがとうの一言って、凄いと思いますよ!

 

色々ネットを見ていたら、こんな記事を見つけました。

 

ABCDEFG・不思議物品研究室・「ありがとう」と「バカヤロー」と「ご飯」の実験

 

聞いたことがあるかもしれませんが、ビンにご飯を入れたものを、2つ用意して、ありがとうとバカヤローを書いたラベルをそれぞれに貼って実験されたのだそうです。

 

そしたら、バカヤローと書いた方には、ありがとうと書いたご飯よりも、黒カビがひどかったのだそうです。

 

これって、凄いことだと思いませんか?

 

ありがとうは有り難う

ありがとうという場面なのに、すみませんという言葉を使ったりも、しばしばありますよね。

 

私のために、申し訳ないという気持ちからくるのかもしれませんが、これって勿体ないことだな、と思います。

 

ありがとうは、漢字で難があると書いて「有り難う」と書きます。

 

難が有る。有ることが難しい。

 

だから、ありがとうなんですよね。

言霊の力

 

 

私は、言霊というものを信じています。

 

言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。清音の言霊(ことたま)は、森羅万象がそれによって成り立っているとされる五十音のコトタマの法則のこと。その法則についての学問を言霊学という

引用 Wikipedia

 

 

言葉のもつ力。人から発する言葉というのは良いものも悪いものも、影響力は大きいと思います。

 

良い言葉を言われると、嬉しくなりますし、嫌な言葉を言われると、腹も立つし悲しくなりますよね。

 

前に、読んだ本に書かれてあったのですが(名前忘れました、すみません)、言葉というのは、発した相手に与えるエネルギーが強いだけではなくて、言葉を発した本人にも影響力があるというのです。

 

良い言葉を使っていると良い方向にいくし、悪い言葉を使っていると悪い方向へいくという内容でした。

 

自分の発した言葉や行いは、良いことも悪いこともすべて自分に帰ってくるという意味で、因果応報という言葉があります。

 

だから、人が傷ついたり、恨みを買うような行いはしてはいけないのですよね・。

 

また、病は気からということわざがあるように、しんどいと言えば言うほど、しんどくなるし、大丈夫大丈夫!と言えばなんとかなるような気がしてきます。

 

子供にも同じで自己肯定感を育むような声かけをすれば、素直で優しい子育つと言われていますよね。

 

言葉の力は凄いです。

 

良い言葉を使えば使うほど幸せになれるのだと思います。

 

私は、夫には毎日、大好き!ありがとうと言っています。

 

もうすぐ結婚して、6年が経ちますが未だに夫に恋してます(*^^*)

 

 良い言葉を沢山使って幸せになりましょう!

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました☆